刺青を微塵も残さずに除去する|跡形もなく綺麗にサヨナラ

女性

コンプレックスを解消

医者

ほくろは、時にコンプレックスの一部となってしまうこともあるものです。しかし、美容整形外科や皮膚科などでほくろ除去手術を行うことが出来ます。自分のほくろの形や出来ている場所によって施術方法は変わるため、きちんと調べてもらい、自分に合った方法を選択することが重要です。

もっと読む

人生をやり直すために

女性の体

若い女性も

一昔前まで、刺青は大人の男性が入れるものという概念がありましたが、最近では若い男性や、女性もファッションの一部として刺青を入れることが増えてきました。かっこいい、大人びている、といった印象を与える刺青ですが、日本ではまだまだ認知度も低く、刺青が入っている人の立ち入りを禁止している温泉やプールなどが数多く存在しています。そのため日常生活において様々な弊害をもたらしてしまうことも多く、結婚、就職などを機に刺青の存在を消したい、と思う人も多くいることも事実です。昔は、刺青は一度入れると消せないもの、というイメージが強くありましたが、近年では医療技術の発達により、跡を残さずきれいに刺青を除去することが可能になってきました。微塵も残さずに除去しましょう。

どのようにして消すのか

では、刺青の除去はどのようにして行われるのでしょうか。一般的には、手術で皮膚ごと除去してしまう方法がとられます。跡は全く残すことなく、奇麗に取り除くことが出来る方法です。術後は傷跡が目立つこともありますが、時間が経つにつれて肌になじみ、気にならなくなってきます。また、小さくて範囲の狭い刺青であれば、特殊なレーザーを使ってメスで切除することなく除去出来る方法もあります。レーザーを使うため傷跡が出来る事もなく、レーザーは、色素班や、シミやアザなどの治療に使われることもあるため、安心して行うことが出来ます。範囲や大きさ、肌の状態などによって方法は変わるため、医師の説明を良く聞き、自分に合った適切な方法で確実に除去出来るようにしましょう。

加齢による皮下細胞の衰え

注射

若い女性の場合は問題ありませんが、長年放置してしまい、深く刻み込まれたしわは、なるべく早めの処置を心がけましょう。中でも深いしわは深刻なので、ボトックス注射が最適です。それ以外のしわは自分に合った治療を選びましょう。

もっと読む

わきがの新しい治療法

ウーマン

ミラドライは、電磁波で汗腺を熱して破壊するというわきが治療です。肌を焦がすことなく、汗腺のみをピンポイントでしっかりと熱することができます。その熱の影響を防ぐために肌は冷却されますが、それでも施術後2〜3日は肌が敏感な状態になるので、衣服の着用や入浴などで刺激を与えないよう、注意することが大事です。

もっと読む